a0001_006369.jpg


2013年生まれの息子&2014年生まれの娘を育てる母のブログです。
1人目の育児中に不安が多く毎日検索魔になったのをきっかけに
ブログをはじめました。
育児中のママの不安を少しでも解消できる記事を心がけています。
自分のドタバタ育児の数々も記録中です。。


twitterやっています。
ぜひお友達になってください。



2016年04月06日

今日から慣らし保育!娘ちゃんのまさかの行動に驚きを隠せない

昨日が入園式で、今日から晴れて保育園児となった娘ちゃん。

今日は(もう昨日か)慣らし保育初日でした。
荷物も多くてワサワサしながら登園。
登園自体は生まれてからずっと、お兄ちゃんの見送りがあったので、全く抵抗なし。
園に入って保育室に入ると
慣らし保育初日ということで
とにかく、泣き声の嵐!!!笑
1歳児の保育室の泣き声は、1か月くらいこんなもんだよね。苦笑

ここでなぜか、付き添ってきた兄(3歳クラス)が圧倒されて固まる。笑

娘は幼児用の水道の蛇口をいたずらして笑っている。ものすごい鈍感力だ。

そして荷物を準備して預けたわけですが
初対面の先生相手でも、全く臆することなく
保育スペースの入口を堂々歩いて通過し
おもちゃに向かって猛進していきました。

「娘ちゃん、いってらっしゃい〜」と声をかけてみたけど、振り返りもせず…
先生も驚きの堂々っぷりでしたとさ。

先生はお兄ちゃんの時も1歳クラス担任だったので、そりゃあもうびっくりで。
お兄ちゃんは爆泣きも爆泣きで、慣らし保育に2週間もかかったツワモノだったので。
同じ親が育ててもこんなに違うんだね。。

泣かずに堂々登園する妹を見て、兄の方が圧倒されたのか
「妹ちゃん…泣かないね」
とボソリ。
泣く妹を元気づける兄になりたかったのかな。
妹、強すぎるね。(´・∀・`)ハハハ…

今日は預けた時間は2時間だけで、お昼前にお迎えでしたが
お迎えに行っても夢中であそび続けていた娘。

午後から友達とランチにでかけて、夕方まで遊んでしまったので昼寝もせず、今日は19時前に爆睡してしまいました。
疲れたんだね。いっぱい遊んだもんね。

そんなこんなで始まった我が家の慣らし保育。こんだけアッサリいくと、息子の時の「泣かずに登園」までのハードルは何だったんだとすら思う。

しかし、先生によると「保育園とは何か」がわかってくるといきなり泣く子もいるのだとか。毎日預けられて、ママとなかなか会えないことをわかると、寂しくなるんだって。だからまだ、油断は禁物。
泣く、泣かないに限らず、これから働いて一緒にいられる時間が少ない分、慣らし保育のうちにたくさん愛情を注いでいきたいと思います。
充電、しなくちゃね。

今日から慣らしが始まったママも沢山いると思います。泣いた、泣き止まずに声を枯らして帰ってきた、という子もいますよね。
うちの息子もそうでした。
ブログの2014年4月のログを読んでいただけると、息子の慣らし保育記録が出てきます。
本当に心配になり、働きたくなくなるほど泣いた息子ですが、今はしっかり通って、それなりの楽しみも見つけています。

こればかりは個性だけれど、ママは自分を責めたり、不安感を持ちすぎず、ある程度割り切って送り出すことが一番だと思います。

うちもこれからどうなるかわかりませんが、お互いがんばりましょう!


posted by はっちき at 00:37 | Comment(0) | 保育園 生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

最近おもらしの多い息子。それでも私が嬉しい理由。

最近先生に声をかけられて

「最近おもらしが多いのよね」

と言われた(´-ω-`)

現にこないだは1日に2回も漏らしてきたのであーる。

でも、私はその後の先生の言葉で
ちょっと嬉しくなってしまった。

「最近ね、保育園で遊ぶことが楽しくて仕方ないみたいでね。
お部屋でも園庭でも夢中になって遊んでいるから
トイレに行きたくなくなっちゃうみたいなのよね。」

先生は「困ったなあ」という顔をしていたので
一応私も眉間にシワを寄せたのだけど。

でも

息子がそんなにも嬉嬉として遊んでいるのかと思うと
本当に嬉しくて嬉しくて。
ニヤニヤしたくて仕方なかったのです。

私のブログをリピートして読んでくれてる方ならわかるかもしれないけれど
とにかく保育園になじめなかった息子。
仕方なく保育園に行ってる感が否めなかった息子。
そんな息子が
保育園で遊ぶことが楽しくて漏らすなんて。

こんなに嬉しいことはない!
(おもらしの処理をしてくださる先生には本当に申し訳ございません)


とはいえまあお漏らしは良くないことなので
登園してあずける前に一度トイレに行かせることは徹底。
本人にも「早めに言うんだよ」とは伝えています。

最近は自宅でも我慢しがちで
ブロックやら遊びに夢中になることが多いんですよね。

赤ちゃんの時から「抱っこおおお」ばかりで
おもちゃなどで夢中になって遊ぶことが少なかった息子。
なんだか自立してきたのかもしれないと
こんな場面で感じたりします。
3歳児なりの親離れなのかな。
おもらししてるけどね。
おもらししたらニヤニヤしながらこっち来るけどね。

そんな息子の成長を
苦笑いしながら見つめる母なのでした。

------------------------------

今日でくもんの体験が4回終了〜。
検討した結果入会することにしました!
本人も達成感があるようなので
続けられたらいいな。
小学生になったら、学童後の行き場所にもなるしね。
今から小一の壁対策…(。-`ω´-)

共働きには難しい世の中です(´・_・`)
posted by はっちき at 00:35 | Comment(0) | 保育園 生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

感動♡年に一度の保育園お遊戯会 【2歳児クラス】

今日は年に一度の保育園お遊戯会。

娘を託児し、参加してきました。

今年の劇ごっこは『3匹のこぶた』
こぶた(大中小)と狼の役があり
その時々で子供たちがやりたい役をやっているそうです。

息子は小ブタさん。
今まではほとんど大か中をチョイスしていたそうだが、今日は小ブタの気分だったらしい。

親としては
レンガのおうちを作る小ブタさん、
かなりおいしいので嬉しい(。-∀-)笑

昨年は登場から泣き顔で
どんどん表情が険しくなり
『大きなカブ』の見せ場である
うんとこしょ、どっこいしょ、の部分は ほとんど保育士さんの膝に乗っていたのだけど…

今回は最初のお歌もちゃんと歌えたし
ほかの豚さんのシーンもしっかり見ていて
自分のシーンでは
ダンボールで出来たレンガを
あたかも重そうに運ぶ演技までしていた(´°д°`)

その大成長に
私はもうウルウルしっぱなしでした。
本当に本当に、がんばったね。

お昼の親子分離の場面では泣いてしまったのだけど
頑張ったから仕方ないよね。

------------------------------

ちなみに今回の三匹のこぶたでは
こぶたさんが食べられちゃうシーンはなく、
藁の家が壊れたら木の家に、
木の家が壊れたらレンガの家にみんな避難してました(∗•ω•∗)

そして最後は狼さんも仲直り。

なんともほっこりで、ゆるーいストーリー。

子供たちがのびのび演じていて
思わず親達も笑顔になってしまう
やさしいストーリーになってましたよ。

さすが2歳児クラス。

------------------------------

今回はとにかく息子の
精神的な成長を感じた会でした。

何かとおとなしくて
悪く言ってしまうと引っ込み思案。
特に集団生活は苦手で
みんなで集まると何も発言できないタイプ。

そんな息子だったのだけど

堂々と歌を歌い
ぶたさんになりきり
アドリブで先生にセリフを言ってみたり
演技も頑張っていたし

そんな姿に、母さんは泣いたよ。
いや、涙は出してないけど
100%泣いてた。(気分)

家ではついついだめなところばかり目について
イライラしてしまうこともあるのだけど
彼は彼なりに成長していて
ママにいいところ見せようと
一生懸命でした。

ほんとに今日は、金メダル。

家ではたくさんおやつを食べて
大好きなラーメンも食べて
たくさんレゴで遊んで
疲れたのか、コテっと寝てくれました。

大きくなったね。

ほんとに、おおきくなった。

私は彼についていけてるかな。
明日からまた、ママもがんばらなくちゃ。
posted by はっちき at 23:43 | Comment(0) | 保育園 生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。